FC2ブログ

ハイギヤードで行こう

アイアンスポーツスター スターター修理 その3

こんばんは!


引き続きアイアンのセルモーターの修理です。



ハウジングごと取り外したところから・・・


IMG_0072.jpg


今回はソレノイドかワンウェイクラッチが怪しいと睨んでいます。


ソレノイド?ワンウェイクラッチとは?




ではここでスターター周りの配線図!(手書き)


IMG_0108.jpg
(※自分の車輌の場合)


セルのスイッチを押すと、リレーを介してソレノイドへと電気が行く。

ソレノイドに電気が流れると中にあるピストンみたいなので稼動して、シーソーの動きでギアが飛び出してクラッチシェルのギアと噛み合う。
同時にソレノイドに電気が流れたときにスターターに電気を送るリレーの役割もある。

ソレノイドでギアが飛び出して、スターターモーターが回転してクラッチシェルを回してクランキングする。



要はソレノイドはギアを噛ませる役割とついでにスターターに電気を送る役割がある。




ワンウェイクラッチ(スタータードライブギア)はクラッチシェルと噛むギアで、1方向にしか回らない構造になっている。



自分の持っている整備要領書(をコピーしてファイルにまとめてあるだけw)を見たら部品の構成が載っていた。

IMG_0110.jpg

IMG_0111.jpg






今回はソレノイドとワンウェイクラッチを新品にしてスターターを中古に換えようと思っています。



IMG_0075.jpg

↑届いた部品
右下のウィンカーリレーは今回関係なし



IMG_0076.jpg
下に置いてあるのが新品のワンウェイクラッチ。



ワンウェイクラッチは1方向にしか回らない構造です。
両方に回ったらその部品は壊れているので交換しましょう。


これは大丈夫だった。でも始動直後にギア系の異音がしていたので交換します。




IMG_0077.jpg
先端についている変わった形のナットは逆ねじなので注意。


IMG_0078.jpg
こんな順番です。


写真は無いけど、交換するときにスナップリングを外す必要があります。
元どおりに組んだら完成です。



次はスターター本体です。


IMG_3027.jpg
ボルト2本外して、ハウジングから外すとバラバラになります。


IMG_3029.jpg
コミュテーターの状態。


IMG_3033.jpg
スコッチで綺麗に。


IMG_3030.jpg
ブラシの状態が。


IMG_3031.jpg
ギザギザに磨耗。
ペーパーで平らにしてやった。

IMG_3034.jpg

あとは綺麗に掃除して組み付け!


ブラシを上手く避けないと組み付け出来ないんだ。


IMG_3061.jpg
こんな感じでタイラップを上手く使って組むことができた。



IMG_3062.jpg


そしてハウジングに取り付けて導通させてチェック!







ん・・・バラしてメンテする前と変ってない・・・
もともとスターター本体は大丈夫だったのかな。


でも一応明日、スターターの中古が届く。


それと比べてみよう!


ではまた明日!





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村






















テーマ:DIY日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/11/23(月) 18:54:46|
  2. アイアン
  3. | コメント:0
<<アイアンスポーツスター スターター修理 その4 | ホーム | アイアンスポーツスター スターター修理 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

taiki

Author:taiki
よろしく俺にチューニング

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

最新記事

カテゴリ

バイク談義 (4)
アイアン (20)
SR400 (5)
カブチョッパー (10)
未分類 (4)
カスタム依頼 (10)
ツーリング、ミーティング (25)
日常 (12)
映画 (4)
XS650sp (12)
CL125K (3)
ForSale (2)
CL90 (1)

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム