FC2ブログ

ハイギヤードで行こう

輸入新規登録 その2

前回揃えた必要な書類を持って相模陸自に行ってみた!


輸入新規ってどこの窓口に行けばいいんだろうな・・・



とりあえず入って最初の窓口で聞いてみた。


『5番の窓口に行ってください。』



5番の窓口にはユーザー車検と書いてあった。


なるほど確かにやることはほぼユーザー車検だけど。そのまえに事前審査が要るとWEBでみた・・・


とにかく5番窓口で輸入新規登録をしたいと伝えると今度は検査ラインのほうに行けと言われる。


輸入新規の担当者がラインにいるらしい。



ラインってまさに車検をしてるとこだよな。お仕事中に検査官に話しかけてもいいのかな。




とにかく行ってみるとラインの横に事務所らしきスペースがあって、
そのにいる人なら全然話しかけてもよさそうな雰囲気だった。



輸入新規の事前審査をしたいというと、詳しい担当の人を連れてきてくれた。


用意した書類を一緒に見てもらい、事前審査に必要な書類(申請書?)を書くように言われた。

ここでエンジンの番号を撮った写真がないことに気づいた。確かに昨日印刷したはずだけど・・・

よくよく見ていると車体を真横から撮った写真が2枚同じものがあることに気づいた。

印刷するときに操作ミスしてエンジンNoのやつと置き換わってしまったいるみたい・・・


申請書をその場で記入できそうな机が用意されたいたけど、エンジンNoの写真を印刷するために陸自から出た。


陸自から300mほど行ったガストで昼食を食べてその後ゆっくり申請書を書いた。

申請者の名前、住所。輸入した業者の社名、住所。あとは車体の情報。
メーカー、年式、排気量、燃焼室の計算式(ボア×ストローク)最大出力、全長、全幅、高さ、ホイールベース、重量
リムの素材、ブレーキはドラムかディスクか、テールランプ、ウインカーの数と色は、消音器の数、駆動はチェーンかシャフトか
これを分かる範囲で書いてと言われた。他にも項目があった気がする。

あとは日本を走るにあたっての改善点を箇条書きで・・・
『・ヘッドライトのレンズを国産に交換  ・ウインカー取り付け』
とかを書いとけばいい。


ガストを出て近くのミニストップで、IPHONEに保存してあったエンジンNoの写真を現像した。



これを持って陸自のさっき担当の人に書類を渡す。

申請書のよく分からなかった項目の事を質問して、その場で書き足した。


検査官『じゃあ次の月曜日までに車検を受けれるようにしておきますね。』

自分『え、それって事前審査はこれで通ったってことですか?』

検査官『たぶんこれだけ書類が揃っていれば大丈夫です。』



諸元表はインターネットからひっぱってきたものをただ印刷しただけだったがこれでOKらしい。※陸運局によります

ダメだったらマニュアルを買おうと思っていたけど。
場合によってはメーカー指定のものじゃないとダメって言われる県もあるらしい。


でもさすがは輸入車のメッカ神奈川!融通効くな


1週間後に陸運局から、もう車検しに来てもいいと電話があった。



次回、車検編





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/09/18(日) 00:11:00|
  2. アイアン
  3. | コメント:0

輸入新規登録

900ccの国内未登録のバイクを購入。


ナンバーを取得して公道を走るには 普通の車検の工程+事前書類審査のようなものが必要。
たぶん四輪車も同じ。


この場合の事前審査って?

登録するバイクがどこのメーカーでどのぐらいのスペックなのかを証明できる書類を提出する。

陸運局でOKが出れば、車検を受けれるようになり、それに合格すれば車検証とナンバーをもらえる。

新規登録なのでどんなに古い車体でも初回の車検は3年。その次からは通常通り2年毎になる。



今回はナンバーを取得するまでを全部自分でやってみようと思う。

お店に頼むと代行料金が発生してしまう。たぶん安くない・・・

コストはなるべく抑えたい。

それに自分でやってみたいという好奇心もあるし!いい勉強になると思う。

車検は四輪車なら何回か行った事あるし大丈夫だと思う。



まずはネットで下調べ。(これ常識)

そして本来なら陸運局に電話していろいろ聞くんだけど・・・


あえて直接出向いて書類を一緒に見てもらいながら、いろいろアドバイスしてもらうことにした。

足りない書類があればもう一度行けばいい。時間はあるのでじっくり進めて行く作戦。



ネットで調べたところ、ざっとした書類は

・通関証明書(とそのコピー)
・現地タイトル(別名:ピンクスリップ) (とそのコピー)
・マニュアルなどから抜粋した車両のデータ
・エンジン番号の石刷り(写真でも可能)
・フレームの番号の石刷り(写真でも可能)
・車体を4方向から撮った写真

もうひとつ車両の情報を記入する書類が必要だけど。それは陸運局でもらえる。

審査に必要なのは以上で譲渡証明書とか住民票だとかは車検前に用意すればいい。

通関証明書と現地タイトルはバイクを買った時に渡された。これは絶対になくしてはいけない。


次に車体の写真を撮影した。

真正面、真後ろ、真右、真左から撮影すればいい。

フレーム、エンジン番号も写真でいいという事なのでついでに撮影した。


IPHONEで撮影してコンビニの端末でプリント。料金はいくらもしなかった気がする。




次に『マニュアルなどから抜粋した車両のデータ』なんだけど・・・

このデータとは このバイクがどこの国のどこのメーカーで、何年に製造されて排気量はいくつで、燃焼室の計算式はいくつ×いくつで、最大出力はいくつで、全長は全幅はホールベースはいくつで・・・などがわかる書類やマニュアルのデータ。

サービスマニュアルを買えば一番早い。大抵の場合マニュアルに載っている。


一応インターネットで調べて印刷したものでもいいらしい。(陸運局によると思う)


マニュアルは持っていなかったのでネットで調べてみる。だめならマニュアル買おう・・・(4000円)

どうせ整備で役に立つしマニュアルはあったほうが良い。


ネットで調べているといい感じのデータが見つかった。



vinno.png


まずはこんな感じのフレームに打刻してあるフレームNoから製造年と車種を証明する。

今回の場合だと"4A"が"XLCH"で下2桁が"H0"になるから1970年がモデルイヤーになる。
これでこのバイクが1970年のXLCHだということが証明できる。

つぎに細かいデータが記載されているページを見つけた。


XLCHDATA.png

車種は証明できているのであとはこのデータで最大出力や排気量を証明すればいい。

重要なのは排気量と最大出力とボア×ストロークだ。必須項目だった気がする。


これらを印刷して車両データとして提出することにした。念のため他の同じようなデータがあるページも印刷した。



次回は用意した書類を持って陸運局にいってみよう!!






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村


テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/08/30(火) 23:33:21|
  2. アイアン
  3. | コメント:2

アイアンからアイアンへ?

こんばんは!

土用の丑の日だというのにうなぎを食べ損ねてしまいました。

明日こそは。吉野家だけど。






さて、なんと4年間乗っていたアイアンを密かに売りに出していましたが、先日あっさり決まってしまいました。


これでバイクが3台売れてしまったわけです。



次に狙っているのはまたしてもアイアンです!

アイアンからアイアンに乗り換える人は少なくないはずだ・・・

アイアン以外に行くとしたらK-モデルとか?

H-Dの4カムって最高ですよね。




乗り換えると決めた日からつぎの車体を探していました。

お値段も比較的お手ごろな車体があったので現車確認に行った。





休みの日に朝9時ぐらいにXSに乗って出発。

東京方面に向かう。


相模原から保土ヶ谷BPに乗って狩場で降りて横浜から下道で行く予定。


夏だから昼間はとにかく暑い。剥き出しの熱いエンジンがのっかったバイクとかいう乗り物のせいでさらに灼熱。笑


狩場のドンキで少し休憩&買い物して、再出発しようとスターターのボタンを押すと・・・


スターターはウンともスンとも言わず、そればかりかニュートラルがフッと消えてしまった・・・


ヒューズだろうと思いヒューズを見るがどれも飛んでいない。


それなのにキーONにしても電装品は全部使えない状況。当然火も飛ばないのでエンジンもかからず。


スターターのボタンを押したときにこの状況になったってことはスターターの回路?


せっかく現車確認して新しいバイク買おうと思っているのに、今乗っているバイクがこれじゃあ気持ちよく新しいバイクを見れない。


試行錯誤しているとキーONで突然ニュートラルランプがついた。何故か直った。


また同じ現象になると分かっていたけど、スターターの回路の異常だと確信を得るためにスターターボタンを押す。笑


そしてニュートラルランプが消える。そして10分後ぐらいに復活する。


バッテリーの+を辿っていくとスターターリレーらしきものがあってそこから他の電装品に電源が分散されている。


間違いなくスターターリレーの異常。これがおかしいから他の電装品も使えなくなる。



大分話がそれてしまったが応急処置をして再出発。復帰に1時間近く掛かってしまった。
トラブルのときは何故か2倍ぐらい汗が出る。笑



そして横浜を抜けて東京のはじっこの工業団地みたいなところへ行く、そこにショップがある。



着く直前に自販機で冷えたコーヒーを3つ買って行った。



ショップの位置が分かりにくい場所だったけど、どう考えてもそれらしいバイク達が前に停まっていたのですぐわかった。


XSのトラブルによって到着時間が1時間ぐらい遅れてしまった。


まあ電話で何時に行くかは言っていなかったので遅刻というわけでもない。



お店の人に挨拶をしてバイクを見せてもらう。


何人居るか分からなかったのでコーヒーを3本買ったけど、1人でやっているショップだった。



LEDライトとデジカメを持っていろんな角度から車体の状態を確認した。特にエンジンの下回り。


お店の人が下回りを見やすいようにと車体を傾けてくれた。すごく優しい人。


現車確認中がその日で1番暑かった。


買うつもりで現車確認に言ったけど実際かなり迷った。


小30分ぐらい話して、買うか買わないかはまだ迷っていてその時は決めれなかったので保留にしてもらい、家に帰ることにした。


そして次の日のお昼ごろにショップに電話して、買うことを告げた。笑



つづく。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

















テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/07/31(日) 01:06:54|
  2. アイアン
  3. | コメント:0

久々アイアン 

XSが来てからアイアンカブは忘れ去られているように感じられるかもしれませんが


ちゃんとメンテとかカスタムを進めたり、乗ったりしていますよ。


まあ冬なのでほんの少ししか乗ってないですが・・・


来年の冬は電熱ジャケットとか買ってみようかな!

今年はもう手遅れw
春を待ちます。



さて、とある友達がNEWバイク納車って事で


納車ランで久々にアイアンに乗りました。


やはり楽しいです。久々に乗るといろんな事を再認識できます。


同時に気になるところも発見したので直したいと思います。



IMG_0408.jpg

カラっとした天気なのにブレーキホースのところに水滴がついていたから
もしやと思って触ったら、やはりブレーキフルード・・・



いつのものかわからないし交換ですな。
ホースが潰れていたのも気になっていたのでいい機会だ。



代わりの部品はというと・・・

なんと以前買っておいた新品のブレーキホースが家にあった。
なんかラッキーw


財布の中にもう1000円しかないと思っていたら実は2000円あった時の感覚と同じだ。



IMG_0410.jpg

フルードが汚れていますね。交換するいい機会だったのかも。


IMG_0411.jpg

ブリーダプラグを緩めホースを付けて、レバーを何回か握ると古いフルードが出てきます。

マスターシリンダーに残ったものは注射器で吸い込みます。


IMG_0412.jpg

↑新しいフルード。本当はもっと透き通っていたけど、キャリパーから逆流してきた古いフルードで濁った笑

あとはホースを交換して新しいフルードを入れて、エア抜きして完成です。
ホース交換のみなので簡単でした。



IMG_0408.jpg

余談ですがこのアイアンのフロントブレーキはカワサキ・バルカンのマスターシリンダーにHDのキャリパーがついています。
ブレーキフルードはDOT4が入っていました。

リアブレーキはHDのマスターシリンダーにスズキ・GSX400Fのキャリパーが使われています。
ブレーキフルードはDOT5です。

フルードの種類はマスターシリンダー依存なんでしょうかね。
ピストンシールなど痛んだ感じはありません。


ただ国産を流用してもブレーキの効きは悪いです笑







正月に実家でみつけたアクセルのコイルも取り付けてみました。


IMG_0244.jpg
かっこいいです。




IMG_0246.jpg

これがガッツクロームのコイルテイラーのプラグコード



IMG_0247.jpg

なかなかいいですね!!


自分はポイントをセミトラに変更しているので配線は3本あります。

白と車体側の配線(+)を一緒にして、を単独でつけます。

ここの配線をミスすると1発でドカーン。


セミトラキットをダメにするって聞いたことがあったような・・・



IMG_0248.jpg


コイルを替えてからエンジンを始動しようと思ってもかからない・・・


セミトラがだめになったか、コイルがパンクしたかと思ったら、まさかのプラグコードが奥までちゃんとささっていなかった・・・w



240x320x033d882be6406116970bc835[1]





そして忘れ去られそうになっていたキックキットを取り付けようという計画も少しずつ進んでいますよ。




IMG_0219.jpg


79年 XLCH用のキックカバー。
純正をebayで買いました!安くはなかったですが泣



IMG_0252.jpg


あとはギア関係ですねー。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



テーマ:DIY日記 - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/02/16(火) 22:42:40|
  2. アイアン
  3. | コメント:0

79XLHにキックキットを付ける その1

すっかり週間ブログになってしまいました・・・





IMG_0095.jpg

これは自分が乗っているアイアンです。

旧車の部類なのに何かが足りない・・・





そう、キックスターター



IMG_0304.jpg

キックスターターってのはキックペダルを踏んでエンジンをかけるアレです。



やはり見た目もいいし、キックスタートでエンジンを掛けるのは快感でしょう!




アイアンってのはXLCHXLHってのがあって、基本的にはXLCHはキックオンリーでXLHはセルがついています。
(年式が古いとXLHでもキックオンリーになります。)



XLHのカスタム車輌なんかは大体後付のキックがついていたりします。



その、後付キックキットを自分のアイアンにも付けようと思います。




実はこれ購入した時からずっとやろうと思っていたんだけど、結構大変らしくて



後回しにしたいたのです。
でもそろそろ付けたい。


1300797279975[1]







噂によるとスンナリ付かない事が多々あって、DIYだと結構難しいんだとか・・・





というわけで下調べです。




もちろんグーグル先生。





『ironhead kickkit』と検索したところ。



http://xlforum.net/vbportal/forums/showthread.php?t=1238268



http://xlforum.net/vbportal/forums/s...d.php?t=727978



この二つの記事が見つかりました。(海外サイト)


どちらもIronMickさんという人がDIYで付けている様子が写真付で載っています。


ほかの人にチェーンクリップの向きを指摘されているところで笑ってしまいました。


国内サイトではキックキット取り付けを1から10まで載せているサイトはありませんでした。





今わかっている事は・・・



・クラッチを外すので専用工具が必要。


・クラッチシェルにある部品をリベット止めする時にシェルとある部品のセンターを出さないといけない。


・クラッチシェルと干渉する部品があるかもしれない(個体差による)それを削って加工しないといけない。


・スターターシャフトの芯が出ないかもしれない。


400x242x6e4b7e61d4c4bd2d3531e956[1]


↑かなりDIYでは厳しい難関やお高い工具が必要になってきます(泣)




なにはともあれとりあえず部品を入手だってことで



V-TWINに注文・・・


VT.jpg





Availability: Item Backordered.





あれ欠品・・・



聞く話によればもう数年欠品しているんだとか・・・?



201304234[1]




とりあえず他に作戦を思いつきました。


ゆっくりこの計画は進めていこう・・・










にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2015/12/15(火) 23:35:21|
  2. アイアン
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

taiki

Author:taiki
よろしく俺にチューニング

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

最新記事

カテゴリ

バイク談義 (4)
アイアン (20)
SR400 (5)
カブチョッパー (10)
未分類 (4)
カスタム依頼 (10)
ツーリング、ミーティング (25)
日常 (12)
映画 (4)
XS650sp (12)
CL125K (3)
ForSale (2)
CL90 (1)

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム